えんとつ町のプペル展in亀山

♪ハロハロハロハロウィンプペプッププペル〜えんとつ町の物語〜♪
(会場で流れていた曲が頭から離れません!笑)

2017年4月20日〜25日に開催しました、にしのあきひろ絵本原画展「えんとつ町のプペル展in亀山」無事に終了いたしました!!!

場所は、鈴鹿峠自然の家(坂下尋常小学校)。
電車が通ってないため、ほぼ車でしか来ていただけないとうことで、正直いろいろと心配もありましたが、たくさんの方に来ていただけてよかったです。


元学校ということで、本当に素晴らしいロケーションで、大好評でした。




まずエントランスでお出迎えしてくれるのが、カナエリアさんの竹あかり。
本当にたくさんの方が覗き込んだり「すごいねぇ〜キレイ!」と、写真におさめていました。
夕方や夜になるとさらにキレイでしたよ!




順路は右側から。
ストーリーがパネルで展示してあります。




そしてメインの光る絵の展示!
教室を暗くして展示してあり、夜は特に絵が浮かび上がって見えます^^
とってもキレイで、一枚一枚じっくり見られてる方や、すべて写真におさめていた方もいらっしゃいました。








大人気だったInstagramのフレーム!
たくさんの方が写真を撮られて、SNSにアップしてくださいました。
あたしも撮りたかったなぁ〜(笑)




これはみんなの塗り絵のコーナー。
たくさんの塗り絵、ありがとうございました!




そして西野さんご本人のサイン。
22日にトークショーがあったので、その時に会場へもお立ち寄りくださいました。




ダンボールなどで作ったプペルのオブジェ。
スタッフのきみえもんさん作です。




スタッフTシャツ〜♪
バックプリントなので、受付にいるとほんとんど見えないのですが、めっちゃかわいいデザインで素敵でした^^




グッズのステッカーと缶バッチ!




そしてそして、みなさんに大好評だった「クソおみくじ」!!!
西野さんの後輩の芸人さんが作られたそうです。
こちらは会期中完売いたしました。

で、あたしもひいてみたら「大凶」。
まだいい方です(笑)
他には「牛ガエル」「ゲロ凶」「ドブ」「雑巾」などがありました。

もちろん、ひとつもいいことは書いてありません!
腹たつけど、面白い内容でした(笑)




開催までの道のりは長かったです。
本当にいろんなことがありました。

正直、無理じゃない?どうすんの?って何度も思いました。

でも、こんなにも素敵な空間になり、約3000人もの方にご来場いただけて感無量です。
途中、土日はマーケットもあり、22日(土)は夜もやっていたため、土日は来場者数はスッタフも予想していなかった数でした。
駐車場までずらりと長蛇の列ができていました。そのため入場規制を行うほどでした。


あたしは会期中ずっと受付にいました。
1日も休まず、終日受付にいました。
西野さんのトークショーの時も遠慮して受付にいました。
(どんだけ受付すきやねん 笑)

いろんな声が聞けました。
みなさんのキラキラした表情が見れました。

何度も何度も足を運んでくださる方、遠方から電車とタクシーでわざわざ来てくださった方、忙しい中スケジュールを調整して観にきてくださった方。

本当におひとりおひとりに感謝です。

正直、今ぬけがら状態ですが、会場でたくさんパワーもらったので、あたしも頑張らなきゃなと思えました。


いつの日か(4〜5年前)、にしのあきひろさんの絵本原画展やりたいなぁ〜と話していたあの夢が叶いました。

何年先になってもいい。
願っている夢はいつか叶うんだと、改めて思えました。
きっと今がそのベストなタイミングだったんだと…。


「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」by 絵本「えんとつ町のプペル」


うまく言葉にできませんが、関わらせていただけたこと、本当に嬉しく思います。
ありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト