スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えんとつ町のプペルを読んで

今日はちょっと奮発してこの2冊を買った。



絵本作家・にしのあきひろ氏の「えんとつ町のプペル」


これはぜひ子どもから大人まで、いろんな世代の方に読んでほしい絵本だと思った。


絵の素晴らしさはもちろんのこと、ストーリーがいつもながらものすごくよかった!!!


誰でも経験したことがあるだろう孤独感。

自分の想いを誰にもわかってもらえず侮辱されたり、笑われたり。

変わっていると後ろ指さされたり。


人間みんな個性があって、変わっていて当たり前。

考えが違うことだって当たり前なんだ。

学校や職場、グループの中で意見が違ったりして、ひとりぼっちになったことがある人、きっといるんじゃないかな。

でも…『信じぬくんだ。たとえひとりになっても』


そう!信じるんだ。

自分を責めたりしないで。

そんなメッセージが素敵だった。


そして想像をはるかに超えた結末が!!!

正直、涙が滲んだ。


いつだって大切な人は見守ってくれているんだ。

あたしもハロウィンに会えるかなぁ。。。

本当に素敵な物語だなと思った。



さて、次は魔法のコンパスを読む!!!


ちなみに、これであたしが持っている西野くんの著書は6冊になった!




関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。