関宿でのグループ展と想い2

道の駅 関宿でのグループ展、在廊最終日を終え、残り一週間は展示のみです。
(〜4月10日・日曜日までです。)





たくさんの出会いがあり、またいろんな意見を頂戴しました。

絵、特に抽象画はそれぞれに感じ方が違うので、見てくださった方とお話しするのも楽しいです。






平日は道の駅に立ち寄る方も少なく、雨が降っていた日なんかめちゃくちゃ暇でした。。。

なので会場で作品を制作して、お待ちしておりました。






最終日は久しぶりにプラ板アクセサリーも登場しました!

雨のパラつく中、足を運んでくださった方、ご購入いただいた方、じーーーーっくり見てくださった方、本当にありがとうございました。



今回のグループ展に参加させてもらうことになって、もっとふわっとゆる〜〜〜〜い感じを想像していたのですが、実際OPENしてみると、とても充実した毎日で、いろんなこと吸収できました。

お客様とお話して、改めてARTとは、絵の描き方について、今後のこと…など考えました。


あたしは、結局過去にすがりついていて、変わることのできない人なんじゃないかと、ふと思いました。

いろんなこと「こうじゃなきゃだめ」なんて誰も決めていないのに、自分の中の頑固さが勝手にそう思い込んでいました。


がっかりする人も、もしかするといるかもしれませんが、あたし…変わります!!!

挑戦してみます。

とりあえずやってみます。


ま、どうなるかわかりませんが…こんな風になりたいなというイメージが少しだけクリアに描けるようになりました。

関連記事
スポンサーサイト