ごめんね、ありがとう。

今までで一番大きな(キャンバス)作品が完成した。

しかもたったの2週間で。

F50号(1167mm × 910mm)という大作。



これは制作途中の写真。



またいつか、生で見てもらえる日が来たらいいな。



この作品はある大きな想いから描くことになったのだけど、想いが強すぎて途中手が止まる時もあった。

だけど、なぜかどこか冷静な自分もいた。

このキャンバスを買った当初からずっと決めていたこと、それは「この作品を描き終えたら、あの人の眠る場所へ行こう」ということ。


今まで行けるタイミングなんていっぱいあった。

だけど、ちゃんといろんなこと報告できるか、自分に自信がなかった。

いろんな想いが込み上げてくるから。


でも…


今日は急遽行けることになったのだけど、いいタイミングだったと思う。

ウグイスが綺麗に鳴いていて、風もなく穏やかな空気に包まれていた。


もう3年以上も会ってなかったなんて信じられないほどに、時は流れていた。

だけど忘れたことなんて一度もなかった。


たくさん報告してきたよ。

仕事のこと。

それから、いつもお空からありがとうって。

ずっと来れなくてごめんねって。


この作品を描いたことであたしの中はすっからかんになった。

けど、だからかな、涙は出なかった。


いつかこの作品がたくさんの人の目に止まり、何か心に響くものがありますように。

関連記事
スポンサーサイト