FBとTwitter

最近めっきりご無沙汰のFacebook。

昔は毎日何回も見てはケラケラ笑ったり、時には励ましてもらったり…。

その頃は、毎日FBに住んでいた。
ただただ楽しくて。


あたしがはじめた当初はまだあまり登録してる人がいなくて、同級生なんかも全くいなかった。

そんな時に、飲食店経営の方やいろんなお仕事をされてる人生の先輩方と出会う機会に恵まれて、今の自分がいる。

本当に人生がそこで変わったかのような、いわゆる転機だった。
それほどFBの影響はすごかった。

しかし(FBの)友だちがいつの間にか把握できないほど多くなり、FBの苦手な面やイヤな面も見えてくるようになった。

それとちょっとあることがキッカケで、FBを見ることすら怖くなって、今はほぼログアウト状態。

一生消えない傷なので、もうFB=怖い…と、トラウマのようになってしまったんだと思う。


TwitterはFunaまみむめものアカウント以外にも持っていて、そちらをメインに使ってる。(ひっそりとやってるので探さないでw)

Twitterはただ自分が頭に浮かんだものを空中へ投げるかのように、また地面にそっと置いていくかのように使ってる。

特に何かがイヤだとかはないし、むしろ楽しいし、何より気楽。
かしこまるわけでもないし、緊張もしない。
ふわっとした気分で素敵な場所だなと思う。

「顔も性別も本名もわからない人と話すの?なんか怖くない?」ってよく言われるけど、あたしにとっては、なんの問題もない。
Twitterのシンプルなところも使いやすくてすきなところ。

ただ、今の自分はネガティヴな発言も多く、もしかしたら見た人はいい気分じゃないかもなぁーと、ある人が呟いていたことを見て思ったりする。

あたし自身はネガティヴな感情も大切だと思っていて、それがあるから作品が生まれたりするから、だからそれを吐き出す場所をどこかに作るのも大事かなとは思う。


FBとTwitter、同じSNSなんだけど、あたしは全く別物だと思ってる。

FBは「友だちになってください。いいですよ。」のやり取りが必要。

でもTwitterは見たい人だけをフォローしてTLに置いていけばいい。
逆もしかり、フォロワーさんも無言でOK。楽でいい。

それからFBは実名顔出しが前提なので、いろいろと気を使う。
FBはたとえばこの人に「いいね」したらあの人にもしなきゃなとか思ってしまう。コメントも全然入れられなくて申し訳ないなとか…なんだろう…義務のように思ってしまうことがたくさんある。
わりと投稿が共感できた友だち数人もそれで退会した。

その点Twitterは深く考えない。本当にいいなと思うことだけ「ふぁぼ★」やリツイートをすればいい。義務感がない。
中には「いいね!」感覚で全てのTweetをお気に入りしてる人もいるけど。


FBはどうしても繋がっていたい友だちがいるし、絵も発信したいから続けると思うけど、今でもずっと毎日辞めたいと思ってるのは確か。

なんでだろうね、いつからだろう。FBがあんなにも楽しかったのに、変わってしまったのは。
(変わったのはFBの方ではなく自分なんだろうけどね)

最後に「Twitterは無言の優しさがある。」とあたしは思っている。

無言で見守ってくれている優しさ。
何も言わずにふぁぼってくれる優しさ。
リツイートもしかり。
エアリプで励ましてくれる優しさも。
とにかく安心する。あたたかい。

FBでたとえばいいね!やコメントがないと不安になる人も少なくないはず。
「無視されてる?興味ない?嫌われてる?」
そんなわけないのだけど、被害妄想が働く。

いや、こうやって思うのあたしだけなのか?


もう一度ガッツリとFB使ってみようか?
それともいっそ辞めてしまおうか。

FBは、今はほとんど絵をupするのと大好きなバンド「Dirty Loops」の情報を知るために使ってる。


相変わらず普段はTwitterとInstagramにいるよ。

Twitter→@Funa_mamimumemo
Instagram→Funa1021
FBページ→Funaまみむめも
関連記事
スポンサーサイト