DirtyLoopsライブ2014/11/27-28

Dirty Loopsのライブツアー東京・名古屋・大阪の3Daysのうち、名古屋と大阪に参戦した。

Loopsを生で観るのは、あの奇跡のライブ”Billboard大阪”以来だった。




今回もまた一緒に誰かと行くわけでもなくひとりでの参加。

だけど、会場ではあたしのあの絵のTシャツを見て、たくさん声をかけてもらえた。




名古屋ではInstagramでコメントをくださった方が声をかけてくれたので一緒に盛り上がった。

Billboardの時に知り合った方や、そのお友だちにもお会いできて嬉しかった。




大阪ではFBを通して知り合った方が声をかけてくれて、またそのお友だちとも仲良くしてもらった。
帰りにご飯も行けて、いろんなお話もできて幸せな時間だった。
やっぱそれぞれに観るところが違ったり、様々な意見があって面白かった。




肝心のLoopsのライブはというと、もうなんの言葉も出てこないほど…ヤバイ!スゴイ!アンビリーバボー!オーサム!オーサム!アメイジング!!!

名古屋も大阪も前から2列目のセンター(ちょいアーロン寄り)で観れた。


だいすきな曲はALBUMから、SEXY GIRLS, DIE FOR YOU, WAKE ME UP, AUTOMATIC。
もちろんHIT MEも!!!

カバーはJUST DANCE, ROLLNG IN THE DEEP, DON'T STOP THE MUSICがすき。

あと今回はやらなかったけど聴きたかったのは、TA FETE, WHERE'S THE BEAT, そしてNellyのHot In Herreが聴けたら最高だったなぁ。
いつかまた聴ける日がきたらいいなぁ。



大阪ではアーロンにアンコールの時、Tシャツを指さして「あ!」って笑ってもらえたのが嬉しかった。気づいてくれたよー!!!

あと、今回のハイライトは大阪サイン会の時にみんなお疲れの中、アーロンだけ最後に呼び止めるような形で(英語で)「あ!Instagramでいつも見てるよ!君の絵サイコーだね!いつもありがとう!」って(一字一句は覚えてないけど大体こんな感じ。)言ってくれたこと!

YABAI !!! YABAI !!!


こんな音楽の中の音楽!!!って感じのライブに行くとまた音楽に関わりたいと思ってしまう。


専門学校でPAの勉強をしたことも今じゃほとんど覚えていない。

楽器店で2年間働いたけれど、主に楽譜と事務とレジを担当していたため、専門的なことはほとんど頭に残っていない。

ピアノも歌も習ったし、ギターも独学でやってたけど、どれも真面目にやらなかったんだろう。身についていない。

だいすきなのに才能がない。


結局なんだろう…このライブでも、ファンの人と、そしてLoopsのメンバーとあたしを繋げてくれたのは音楽ではなく「絵」だった。

あたしには絵しかないのかもしれない。





夏の展示以来、自分の中で絵を描くということからできるかぎり遠ざかっていた気がした。

でも今回のライブで、また少し向き合ってみようかと思えた。

あと1枚だけ、あと1枚だけ。って、だだ単純にそれを繰り返していけばいいのかもしれない。



数年前、まだ彼らの紹介や、入ってくる情報はスウェーデン語がほとんどだった。

いつしかそれが英語になり、少しだけ読めるようになり、今や日本語のものがいくらでも入ってくる。

まさかCDを出す日が来るとは…まさか日本に来てくれる日が来るとは…まさか握手、そしてサインをしてもらえる日が…。願っていたほとんどは叶ってしまった!

そして、アーロンに絵で顔を覚えてもらえた!


もしかすると夢ってゆうものは真っ直ぐに真摯にそれと向き合えば、いくらでも叶うのかもしれない。

Loopsはそれをシンデレラストーリーのように証明してくれている。
(ただし、かなりの努力と犠牲が必要だろうけどね。)




またひとつ宝物が増えた。

ありがとう。Dirty Loops。



関連記事
スポンサーサイト