本当に好きなこと

めちゃくちゃ久しぶりの更新。

ブログの存在すら忘れかけていた。


生活は変わらず停滞している。

読書の秋ではないらしく、集中力はない。

スポーツの「ス」の字もなく、布団に包まる毎日だ。

ふと、病院へ行く途中で思った。
「あれ?あたし、絵描く人やったんやなぁ。」
って。絵はやはり自分が本当にやりたいものではないと悟った。

芸術の秋でもなさそうだ。


あたしは先日、21日に30歳を迎えた。

周りが見えなくなるほど絵に打ち込み、やりたいことは有り難いことに、沢山させてもらえてきた20代。
そして自分を追い込みすぎたのか、キャパシティオーバーなのか、突然の心の病。

もしかしたら、立ち止まって、もう一度ちゃんと自分と向き合うために神様が用意してくれたお休みかもしれない。

あたしは誕生日にひとりで”あの”公園へ行った。

大切な場所。

何かあるたびにそこへ行く。
ゆっくり自分と対話する。
リセットするのに最適な場所。

そこで大好きな歌を歌った。

「to U」

自然と涙が溢れてきた。

歌いたい。
もう一度ちゃんと。

歌は「ただ、好きなだけ。」

上手くもないし、人に聴かせられるもんでもない。

でも絵はある程度は認めてもらえて、喜んでもらえて、求めてもらえる。そして、少しだけどお金にもなる。

世界にも通用すると言ってもらえたことがあった。

なんで休むの?辞めるの?もったいない!と言われたこともあった。

だけど…好きじゃない。


好きなだけでは、何にもならないかもしれないけど、好きじゃなきゃ始まらないと思う。


こんなことを毎日考えている。
関連記事
スポンサーサイト